English
ねむりとくつろぎで、健康に。大東寝具工業

睡眠環境
について

あなたの睡眠環境は快適ですか?

眠りを取り巻く環境を適切にすることで、日々をもっと健やかに、
くつろぎをもって過ごすことができます。
あなたの睡眠環境、考えてみませんか?

睡眠環境に大切な「寝床内環境」と「寝室環境」

睡眠環境は「寝床内環境」と「寝室環境」に分かれます。
寝る人の身体に近い寝具・寝装品は「寝床内環境」に、就寝場所のライティングや室内の温度・湿度などは「寝室環境」に分類されます。

寝床内環境から考える睡眠環境

理想の寝床の中の環境というものがあります。
それは、寝床内環境と呼ばれ、温度32度、湿度50%前後が最適と言われています。
年間を通じ季節の環境変化に対応した理想の寝床環境づくりのためと私たち自身の身体のために、
寝具の構成を「トップレイヤー」「ミッドレイヤー」「ベースレイヤー」「ボトムレイヤー&ピロー」の4グループに分けて
重ね着という考えを基に寝床を構成し、 眠りの基本姿勢の保持、温度や湿度の調整、そして眠り心地や触感などの快適性を高め、
それぞれにフィットした寝床を創り出すことが必要です。

「重ねる」発想で睡眠環境を改善

「空気をまとう」やさしさー京和晒綿紗
京和晒綿紗
京和晒綿紗の心地よさを生み出す、大東寝具工業のものづくり。
そのコンセプトや製法をご紹介するムービーです。
※クリックするとムービーに移動します。

寝床内環境から考える睡眠環境

寝床内環境から考える睡眠環境
やわらかな明かりの元で、家族がくつろぐ空間。忙しかった日の疲れを取る、ぐっすりと眠れる空間。
良い眠りには質の良い寝具や寝装品も必要ですが、
住まいの温度や光の入り方、音など眠りを取り巻く空間も良い眠りには必要です。
カーテン

から睡眠環境を
考える

カーテンから睡眠環境を考える
就寝前、窓はカーテンで完全に遮らないようにしましょう。少し開けておくことにより、翌朝、寝室内に太陽の光を取り込むことで目覚めが良くなります。
ライティング

から睡眠環境を
考える

ライティングから睡眠環境を考える
就寝前のライティングには、白い光(蛍光灯など)を使わず、白熱灯などの赤い光の元で過ごしましょう。また目に強い光が入らないように間接照明を使ったライティングにしましょう。
温度・湿度

から睡眠環境を
考える

温度・湿度から睡眠環境を考える
室内温度は、夏25~28℃、冬12~16℃程度に、湿度は50~70%になるように調整しましょう。

睡眠環境改善のためのカーテンやライティングなどのインテリアから、
寝室のリフォーム/リノベーション、住宅の新築までサポートいたします。

  • くつろぎの睡眠環境づくり 素家
  • ゲストの眠りを追求した 業務用寝具
  • 大東寝具からの睡眠環境のご提案 オンラインストア
  • 実際に睡眠環境をお試しいただける ねむりの蔵

スタッフからのお知らせ