OnlineStore for overseas
ねむりとくつろぎで、健康に。大東寝具工業
 

ねむりとくつろぎで、
健康に

小売事業部・営業部

私たちが対応します
私たちは、寝具のご提供だけではなく、お客様の眠りに関するお悩みごとを解決できるよう、一般社団法人日本睡眠教育機構が認定する睡眠健康指導士の資格を社員が取得し、眠りに関する知識の習得と研鑽に努めています。
  • 睡眠健康指導士

    大東 悠太

    自分のオススメした商品を使ったお客様から喜びのお声をいただいたときが、やりがいを感じる瞬間です。

  • 睡眠健康指導士

    今江 達也

    より良い睡眠環境、くつろぎの環境をたくさんのお客様に届けられるようにしたいと思います。

  • 睡眠健康指導士

    市原 裕子

    お客様の声にお応えできるよう、いろいろなものごとに興味を持ち、ご提案できるように心がけています。

  • 睡眠健康指導士

    片山 朋哉

    睡眠に関する新しい情報とお客様のウオンツをマッチングし課題解決型の提案ができるよう努めます。

  • 睡眠健康指導士

    候 君涵

    外国のお客様の場合だとその国の文化によって、商品を説明するポイントが変わることが面白いです。

  • 睡眠健康指導士

    山下 美和子

    私たちの製品が幅広い世代のお客様に長く愛されるようにWEB制作や接客業務に真摯に取組みます。

  • 睡眠健康指導士

    黒澤 秀行

    人と人とのつながりを大切にできるように心がけています。

  • 睡眠健康指導士

    猪島 敬充

    求められていることに対し商品・サービスを提供し、笑顔になっていただけるように業務に取り組みます。

製造部

大東寝具工部五職
大正14年に創業した大東寝具工業は、今日まで寝具・寝装品の製造を生業としており、創業よりその製造技術は受け継がれている。大東寝具工部五職とは、大東寝具においてその特殊な技術と知識を継承した職人の尊称である。
  • 綿入師

    京布団または京座布団に入れる綿の量や重ね具合などを手早く正確に、かつ心地よく使っていただくことを考えて製造できる技を持つ者

  • 縫技師

    針と糸を使い、記事を正確に縫い上げる技とミシンで正確に記事を縫い合わせる技を持つ者

  • 大物縫技師

    京布団の製造時に使用する大型の綴じ機や縫製機を自在に操る技術を持つ者。規定の仕様だけではなく、心地よさと快眠を実現するための技を持つ者

  • くけ綴じ仕上師

    京布団・京座布団を熟知し、絶妙な手さばきで、丁寧かつ正確に、中綿がずれないように固定する技術とくける(縫い糸が見えないように縫う)技術を持つ者

  • 裁断師

    大東寝具の寝具・寝装品に使用する様々な生地を無駄なく、効率良くかつ正確に裁断する技を持つ者






  • 大物縫技師・綿入師・睡眠健康指導士

    樹下 雄馬

    どうすれば一日でも長く快適に使用していただけるかを考えながら、お布団や座布団を作っています。

  • 縫技師・くけ綴じ仕上師・睡眠健康指導士

    松井 かおり

    作業を丁寧に速くすることを心掛けて業務に取り組んでいます。

  • 縫技師・睡眠健康指導士

    熊本 さつき

    オーダーメイドで調整をしながら制作をしている為、上手く仕上がったときはとても嬉しくなります。

  • 縫技師・くけ綴じ仕上師・睡眠健康指導士

    大西 里緒

    お座布団の手くけは最後の工程で、商品の良し悪しが決まる重要なポジションなので丁寧な作業を心掛けます。

  • 縫技師・睡眠健康指導士

    髙橋 多麻貴

    お客様に喜んでもらえるように丁寧な仕上がりができるように心がけて仕事に取り組んでいます。

  • 裁断師・綿入師・睡眠健康指導士

    宮田 和典

    裁断は一番最初の工程なので、次に作業をする縫製スタッフのことを考えながら丁寧な作業に努めます。

商品部・経理総務部・広報

大東寝具工業を支える
私たちはお客様に安心してお使いいただける商品をお届けし、仲間が円滑に業務を行えるように、サポートをしています。
  • 睡眠健康指導士

    山田 育子

    新規システムと新規部署の立ち上げのため、効率的に業務を行う方法を探りながら仕事をしています。

  • 睡眠健康指導士

    河島 麻佐美

    社員のみんなの業務や会社運営が円滑にできるようにという思いで業務に当たっています。

  • 睡眠健康指導士

    柳 斎生

    お客様に健康で幸せになっていただく為に、睡眠の重要性をもっと広めたいと考えています。