English
ねむりとくつろぎで、健康に。大東寝具工業

スリープ
レイヤリング

快適な寝床環境づくりのための
基本コンセプト

快適な寝床環境づくりのための基本コンセプト
「スリープレイヤリング」とは、季節の環境変化に対応した理想の寝床環境づくりと、私たち自身の身体のために、
寝具の構成を「トップレイヤー」「ミッドレイヤー」「ベースレイヤー」「ボトムレイヤー&ピロー」の4グループに分け、
「重ね着」という考えを基に睡眠環境を構成してご提案するシステムです。

スリープ・レイヤリングとは

日本には、環境変化の著しい春。そして過ごしやすい初夏や秋。
また、蒸し暑い夏に、厳しい寒さの冬というように、四季があり季節が移ろいます。
そして、私たち自身の身体も日々変化しています。

このような中、ぐっすり眠って大脳をしっかり休めるために、理想の寝床の中の環境というものがあります。
それは、寝床内環境と呼ばれ、温度32度、湿度50%前後が最適と言われています。
年間を通じ季節の環境変化に対応した理想の寝床環境づくりのためと私たち自身の身体のために、
寝具の構成を「トップレイヤー」「ミッドレイヤー」「ベースレイヤー」「ボトムレイヤー&ピロー」の4グループに分けて
重ね着という考えを基に寝床を構成し、眠りの基本姿勢の保持、温度や湿度の調整、
そして眠り心地や触感などの快適性を高め、それぞれにフィットした寝床を創ります。

人間生活の約30%を占める睡眠の時間を、もっと快適に過ごし健康増進のお手伝いを致します。

トップレイヤー

保温、そして冬場の防寒が主な目的。特に冬季には大きな空気層を確保し、室内温度が変化しても朝まで快適な環境をつくります。
また、身体への負担を軽減させるため軽量であることも必須です。
お住まいの地域、住環境によっても選択が変わります。
トップレイヤーにあたる寝具
羽毛掛布団、コットン掛布団、羊毛掛布団、洗える掛布団などの掛布団
トップレイヤー

ミッドレイヤー

通気、保温、吸汗、透湿が主な目的。
寝床環境をフレキシブルに調整できるレイヤーとして季節の使い回しが出来ます。
例えば、季節によってはトップレイヤーとして、また、ベースレイヤー代わりに直接に肌に触れるレイヤーとしてお使いいただきます。
その為にも、肌触りの良い素材を用いたミッドレイヤーをご用意しております。
ミッドレイヤーにあたる寝具
トップ用:ガーゼケット、綿毛布などのケット類
ボトム用:敷パッド、ベッドパッドなど
ミッドレイヤー

ベースレイヤー

通気、保温、透湿を寝床内で調整するために重要な役割を果たすレイヤーです。
また、最も肌に近いレイヤーなので肌触り、ドレープ性、着心地など個人の好みや触感により選択するポイントが変わります。
トップ用のベースレイヤーには軽量性も求められます。寝具の中で洗濯のし易さが最も大切なレイヤーです。
ベースレイヤーにあたる寝具
トップ用:掛カバー、アッパーシーツなど
ボトム用:敷カバー、フラットシーツ、ボックスシーツなど
ベースレイヤー

ボトムレイヤー&ピロー

ボトムレイヤーは眠りの基本姿勢の保持、体圧分散が主な目的。
加えて適度な弾力性と安定感、寝返りのし易さなども重要項目です。体型、体重、経 年により選択も変わります。
腰痛、肩こりや筋肉疲労解消のためにも、自分に合った選択が必要です。
また、ピロー(枕)も理想の寝姿勢を保持するためには大切です。
個人による体型、寝方、硬さ柔らかさなどのお好みのポイントによって選択も変わります。
ボトムレイヤー&ピローにあたる寝具
敷布団、マットレス、マットや枕
ボトムレイヤー&ピロー

季節のレイヤリング

春~初夏
春~初夏
1年間で最も気候変動が大きいため、デイリーに調節できる寝床づくりがポイント
TOP
羽毛布団(防寒・軽量)
MID
ガーゼケット(高い吸湿性)
BOTTOM
**(年中で最も調整機能が必要)
夏
蒸し暑さ・寝苦しさから解放された、質の高い眠りのための工夫
MID
ガーゼケット(高い通気性・吸汗作用)
MID
脱脂綿入りパッド(吸汗性がポイント)
BOTTOM
秋
季節の変わりどころに身体をやさしくサポート、夏バテ防止と寒さに対応
TOP
羽毛合掛布団(防寒・軽量)
MID
BOTTOM
冬
身体を芯から温める寝床づくりで、代謝機能を低下させない工夫が必要
TOP
MID
BOTTOM