English
ねむりとくつろぎで、健康に。大東寝具工業

社長ブログ

睡眠コラム 朝の目覚め実験編

朝の陽光がどれだけ目覚めに影響するか自ら実験中

と言っても、従来から既存の設備利用と主観による解析

被験者:自分

実験期間:夏から秋にかけて

利用設備及び環境:
シェードを降ろさないと(カーテン類を閉めないと)
朝の訪れと共に、周囲に遮蔽物のない東側の窓からは
さんさんと光が入り込むMY寝室

実験方法:
遮光機能のあるシェードを閉めた状態と、そうでない状態とで
それぞれ1週間づつ、目覚め感の違いを味わう
以後、反復する

実験結果:
遮光スペックを持つシェードを降ろした
薄暗い寝室は朝の目覚めに全く良くない
特に疲労気味のとき、エイヤッと気合を入れても起床しにくい
また、二度寝し易い危険性あり

シェード全開で、陽光を浴びながら朝を迎えると
身体の起きるモードのスィッチが入りやすく
多少、二日酔いでも疲れが溜まっていたとしても、起床し易く
覚醒してしまい二度寝する余地がない

なので、普段は寝室に朝の明るさを取り入れるべし

遮光機能のないシェードでの実験は予算の都合上
我が家の次回リフォーム時以降となる予定

次に取り組むべき課題は

自分にとってのベストな睡眠時間の検証である

ややもすれば汎用性のない個人的テーマに終わってしまう可能性もあるし

これは、非常に難しい 

何せ、小遣いを財源とする収支バランスが厳しい状況の中で
睡眠クリニックに行く予算の手当てからしなければならん

快眠を志す者へ、愛の手を。

                        大東寝具工業/大東利幸

イベント・インフォ 盛秋編

 「 東京銀座で快眠とくつろぎをご提案しています 」

  銀座松屋さんの有名イベント

  女性が選んだ「暮らしのスグレもの展」に参加してます

  銀座松屋

  今回は、松屋さん創業140周年を記念しての2週間イベント 場所は1階

  クッション座椅子ガーゼのホームリネンをご提案しています

  お越しをお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ARCHIVE