English
ねむりとくつろぎで、健康に。大東寝具工業

社長ブログ

子供の頃、観た映画

小学生の頃、テレビで観て依頼
記憶を離れない映画

エドガー・アラン・ポーの小説を
ロジェ・バディム、ルイ・マル、フェディリコ・フェリーニという
三監督のオムニバス映画 「世にも怪奇な物語」

世にも怪奇な物語.jpg

長く記憶にとどまっているのは
ルイ・マルの「影を殺した男」と
フェリーニの「悪魔の首飾り」という
三つの話のうちの二作品

当時は、何とも気味の悪い映画だった

アラン・ドロンが主人公役の「影を殺した男」は
いかがわしくエロティックで危険な作品だった

そして、フェリーニの「悪魔の首飾り」が怖い

思い出すと、今でも背筋がぞくっとする
白い鞠を持った少女が出てくるシーン

当時、夜、眠るのが怖くなって
しばらくは、二段ベッドの下から
弟の寝床の底板を蹴って
僕よりも先に寝ささないような日が続いた

中学、高校になって、親しくなった悪友たちは
揃ってこの映画を観ていて、話題に出来たのは面白い。

                   大東寝具工業/大東利幸
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ARCHIVE