English
ねむりとくつろぎで、健康に。大東寝具工業

社長ブログ

貴船 右源太さんで撮影

急遽、東京からご入洛のカメラマン、三木さんを
JR京都駅でピックアップさせていただいて
紅葉シーズンも終わり
落ち着きを取り戻した貴船へ

老舗の料理旅館、右源太さんに向かう

大東寝具工業がつくる

クッション座椅子 座・気まま
の撮影が目的

右源太さんには
座・気ままをご採用いただき、お部屋のしつらえに、
またギャラリーなどに置いていただいています

現在、発売中の通販生活にも掲載いただいていますが
発行元のカタログハウスさんの次回媒体に掲載のため
右源太さんでの商品撮影となりました

右源太さんが宿泊のために用意されているのは
二室のメゾネットタイプの客室、和室と洋室

洋室の方に入らせていただくと

右源太客室4.jpg

素晴らしいしつらえ

その中に佇む、座・気まま

右源太客室3.jpg

進むと、暖炉のあるリビング
バルコニー横のジョージ・ナカシマのベンチには
型をとって作成させていただいた
このベンチだけのための大東寝具工業製のクッション

眺めは、鞍馬山の西側の面

紅葉が盛りの11月後半の連休当り
この一面全てが天然の極彩色だったのです

右源太客室5.jpg

和室の方では撮影がスタート

そして、撮影を覗いていただいた際
今回もご無理を訊いていただいた
店主の鳥居社長にご挨拶とお礼

右源太客室2.jpg

右源太客室1.jpg

隙を狙って、僕も一枚

お午過ぎに、撮影終了

一番眺めが良いというお部屋で昼食をいただく
松花堂弁当、そして、すっぽんのお鍋

旨いものを前にして失念、写真なし、、

折角なので、カメラマン三木さんのおみやげに
自家製のちりめん山椒を用意していただく

しばし、貴船の静けさ
透き通った空気が身体に沁みこんでくる

そして、京都市内に向け貴船をあとにする

デジタルではなくフィルムでの撮影
そして1カットだけのために入洛し、終えると
直に東京に戻られる三木さんを京都駅までお送りする

右源太さん、カメラマンの三木さん
素晴らしい方々の仕事の現場で過ごし、帰社。

                 大東寝具工業/大東利幸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ARCHIVE