English
ねむりとくつろぎで、健康に。大東寝具工業

睡眠生活

睡眠生活 - 快眠のコツ(3)

睡眠生活 - 快眠のコツ(3)

 

睡眠生活 ‐ 快眠のコツ(1)睡眠生活 ‐ 快眠のコツ(2)

では朝の過ごし方で、快眠を作るコツをお知らせしました。

 

朝は分かったけど、夜の過ごし方は?

「快眠のコツ」3つ目をご紹介します。

 

就寝30分前のスマートフォン、PCの使用は避けましょう

 

皆さん、心当たりがあるのでは...?

寝床に入り、スマートフォンでのLINEやネットサーフィン...操作しちゃいますよね。

 

どうして眠る前にスマートフォンの操作を避けたほうがいいのでしょうか?

 

スマートフォンやPCのモニターから発する、ブルーライトは、人の目で見ることのできる光(可視光線)の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っています。

ブルーライトは、太陽や照明器具、テレビ等の日常生活で浴びる様々な光の中に含まれていますが、特に「白色LED」や「青色LED」に多く含まれています。

出展「 早寝早起き朝ごはんで輝く君の未来~睡眠リズムを整えよう!~(中学生・高校生等向け普及啓発資料)(PDF)

 

朝や日中に浴びるブルーライトを含む光は、体内時計を刺激し日中の活動を活性化しますが、就寝前や夜間に浴びる光は、睡眠に入ることを促す「メラトニン」というホルモンの分泌を抑制するとともに、体内時計を遅らせます。

そのため、なかなか眠れなくなったり、朝起きるのが辛くなるといった「夜型の生活リズム」を引き起こす可能性があるのです。

スマートフォンやPCなどは、液晶画面のバックライトにLEDを使用しているものが多く、また目に近い距離で使用することから、長時間使用することは身体への影響が大きいと考えられます。

ということで、寝付きを良くしたい、なかなか眠れない方は、就寝直前までスマートフォンやPCなどの操作は止めておきましょう!

 

この続きは、次の睡眠生活で。

 

睡眠健康指導士/柳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加